PDTの基本設定

 「PHPサーバー」の設定

「PHP」項目内のPHPサーバーを選ぶと、PHPで使うWebサーバーに関する設定が出てきます。初期状態では「Default PHP Web Server」という項目が一個用意されています。これは、PHPのプログラムをWebサーバーで公開するときなどに使うサーバーの設定を管理します。POTプラグイン自身にWebサーバーなどが組み込まれているのではありません。先にインストールしたXAMPPのWebサーバーを使って開発を行うことになるのです。ここでの設定は、単純に、「PHPのスクリプトファイルを実行したときに、指定したサーバーのURLにアクセスして動作を確認してくれるものです」という程度です。デフォルトで用意されている設定は、「http://localhost」というローカルサーバーの基本的なURLです。別途、ドメインなどを設定したサーバーを用意している場合には、「新規」ボタンを押して、新しいPHPサーバーの設定を作成しましょう。画面にサーバーのドキュメント・ルートを入力するダイアログがでてくるので、ここでURLを入力して作ります。

「PHP実行可能ファイル」の設定

これは、PHPのスクリプトを実際に実行するときに利用するものです。PHPは、そのままコマンドプロンプトなどから直接実行させることもできます。また、Webサーバにアクセスしてサーバの中で実行させることもできるのです。この「直接実行する」ときに使用するPHPのプログラムの設定を用意しておきます。

この他にもPHP関連の設定はありますが、この程度で十分でしょう。これらを設定して「OK」ボタンを押せば、設定が変更されます。なお、PHPのバージョンを変更した場合、終了時に「フル・ビルドを行う必要があります」といった確認のダイアログがでてきます。これは、そのままはいを選んでください。

Eclipseの各種設定

メニューを選んで行います。<ウインドウ><設定>を選ぶと画面に「設定」というウインドウが表示されます。これは左側に設定項目が階層的に整理された状態で表示され、そこから設定したい項目を選択するとその内容が右側に表示されるようになっています。一覧の中にPHPという項目があります。これが、POT関係の設定です。これ多数の項目を内部に持っており、項目名の左端をクリックして中身を展開表示させることができます。まずは、インストールしたPOTをつかえるようにするために必要な設定を行いましょう。何箇所かで重要な設定を行う必要がありますから、順番に作業をしてください。

おすすめサイト:PHP入門のC60|1日でできるPHP入門講座